任意整理の流れ

任意整理をお願いする弁護士を決めたら、まずは相談します。その人が本当に任意整理を選ぶべきなのか、必要書類を見ながら調べていきます。任意整理をお願いするとよい弁護士は、相談の段階でメリットとデメリットを伝えてくれます。手続きを急がす場合や、デメリットを説明してくれない場合は、弁護士の利益のみを考えていることもあるため注意してください。

任意整理をすることが決まったら、弁護士が債権者に対し受理通知を発送します。これで借金返済はストップし、債権者から取り立てされる心配はありません。その後、弁護士は利息制限法の上限金利により再計算し、将来の利息をカットしてくれるよう債権者に対し交渉します。和解が成立したら任意整理の手続きは終了です。

任意整理の対象は、クレジットカードやカードローン利用も対象となります。グレーゾーン金利でない場合は手続きしても債務の額は変わりませんが、毎月の返済額を減らすことは可能です。本人が自己破産したくないと考えるときに有効で、どうしても借金をなくしたい場合は向いていません。また、任意整理の条件として、3~5年の分割弁済できる安定した収入があることが条件となっています。収入が少ない場合は、自己破産すべきか弁護士に相談しましょう。

Pocket