任意整理の流れ

任意整理をお願いする弁護士を決めたら、まずは相談します。その人が本当に任意整理を選ぶべきなのか、必要書類を見ながら調べていきます。任意整理をお願いするとよい弁護士は、相談の段階でメリットとデメリットを伝えてくれます。手続きを急がす場合や、デメリットを説明してくれない場合は、弁護士の利益のみを考えていることもあるため注意してください。

任意整理をすることが決まったら、弁護士が債権者に対し受理通知を発送します。これで借金返済はストップし、債権者から取り立てされる心配はありません。その後、弁護士は利息制限法の上限金利により再計算し、将来の利息をカットしてくれるよう債権者に対し交渉します。和解が成立したら任意整理の手続きは終了です。

任意整理の対象は、クレジットカードやカードローン利用も対象となります。グレーゾーン金利でない場合は手続きしても債務の額は変わりませんが、毎月の返済額を減らすことは可能です。本人が自己破産したくないと考えるときに有効で、どうしても借金をなくしたい場合は向いていません。また、任意整理の条件として、3~5年の分割弁済できる安定した収入があることが条件となっています。収入が少ない場合は、自己破産すべきか弁護士に相談しましょう。

任意整理先の選び方

借金返済が難しくなったら、債務整理をする必要があります。民意整理の手続きが行えるのは、弁護士と司法書士です。どちらも法律を専門とした職業ですが、業務内容に違いがあります。弁護士は債務整理などの借金問題から身近なトラブルまで解消する職業で、司法書士は不動産や会社の登記を行うことをメインとしています。借金問題に関しては仕事内容が変わらず、司法書士は総債権額が140万円以下と限定しています。140万円なら必然的に弁護士を選ばなければなりません。

任意整理の手続き自体は個人でも可能です。しかし、債権者と交渉しなければならず、弁護士や司法書士のような専門家であったほうが、債権者も話し合いに応じやすくなるでしょう。そのため任意整理をする場合は専門家に依頼することはもちろんですが、債務整理の実績が高い弁護士に依頼することも重要です。債権者は金融機関となるため、相手方も強い態度で挑んできますから、経験が豊富な弁護士に依頼したほうが、ベストな結果になることはいうまでもありません。任意整理とは、利息制限法と出資法の差で過払いとなった利息を支払わなくて済む方法のため、専門知識が求められます。任意整理の対象となっていれば、多くの金融機関は、今後の利息を支払わなくてもよいとしてくれるのです。

借金で任意整理とは

任意整理とは、債務整理のひとつです。借金解決に役立ち、弁護士や司法書士が債権者と交渉してくれます。借金が帳消しになるわけではありませんが、将来の利息を減らしてくれたり、返済金額の減額をしてくれたりと、月々の返済が楽になる方法です。弁護士や司法書士が債権者と直接交渉する方法で、裁判所への手続きが不要なため、債務整理のなかでも手続きが簡単です。

任意整理のメリットは、財産を手放さなくても済み、裁判所への手続きが不要なことです。破産名簿に載ったり、会社に連絡したりする心配はありません。将来の利息が免除され、月々の支払金額が減り、借金完済が早まります。利息制限法に基づき過払いになっていれば、今後借金を払う必要がないケースもあります。任意整理の手続きは自由度が高く、一部のみの債権者だけ整理することも可能です。任意整理のデメリットは、ブラックリストに載ることです。手続き後は5年間借り入れができません。借金の減額の割合が少ないのも注意する必要があります。自己破産は帳消しにできるのに対し、任意整理は一部のみ減額する程度です。また、債権者が任意整理に応じるとは限らず、話し合いがまとまらなければ効力がありません。

任意整理にはメリットとデメリットがあるため、本当に任意整理を選択すべきか考える必要があります。債務整理にはほかにも自己破産や民事再生も選択できますから、今後の借金返済の可能性も想定しながら、リスクも考えて選択する必要があるのです。最適な債務整理を選択するための、弁護士への相談方法を紹介します。