任意整理先の選び方

借金返済が難しくなったら、債務整理をする必要があります。民意整理の手続きが行えるのは、弁護士と司法書士です。どちらも法律を専門とした職業ですが、業務内容に違いがあります。弁護士は債務整理などの借金問題から身近なトラブルまで解消する職業で、司法書士は不動産や会社の登記を行うことをメインとしています。借金問題に関しては仕事内容が変わらず、司法書士は総債権額が140万円以下と限定しています。140万円なら必然的に弁護士を選ばなければなりません。

任意整理の手続き自体は個人でも可能です。しかし、債権者と交渉しなければならず、弁護士や司法書士のような専門家であったほうが、債権者も話し合いに応じやすくなるでしょう。そのため任意整理をする場合は専門家に依頼することはもちろんですが、債務整理の実績が高い弁護士に依頼することも重要です。債権者は金融機関となるため、相手方も強い態度で挑んできますから、経験が豊富な弁護士に依頼したほうが、ベストな結果になることはいうまでもありません。任意整理とは、利息制限法と出資法の差で過払いとなった利息を支払わなくて済む方法のため、専門知識が求められます。任意整理の対象となっていれば、多くの金融機関は、今後の利息を支払わなくてもよいとしてくれるのです。

Pocket