借金で任意整理とは

任意整理とは、債務整理のひとつです。借金解決に役立ち、弁護士や司法書士が債権者と交渉してくれます。借金が帳消しになるわけではありませんが、将来の利息を減らしてくれたり、返済金額の減額をしてくれたりと、月々の返済が楽になる方法です。弁護士や司法書士が債権者と直接交渉する方法で、裁判所への手続きが不要なため、債務整理のなかでも手続きが簡単です。

任意整理のメリットは、財産を手放さなくても済み、裁判所への手続きが不要なことです。破産名簿に載ったり、会社に連絡したりする心配はありません。将来の利息が免除され、月々の支払金額が減り、借金完済が早まります。利息制限法に基づき過払いになっていれば、今後借金を払う必要がないケースもあります。任意整理の手続きは自由度が高く、一部のみの債権者だけ整理することも可能です。任意整理のデメリットは、ブラックリストに載ることです。手続き後は5年間借り入れができません。借金の減額の割合が少ないのも注意する必要があります。自己破産は帳消しにできるのに対し、任意整理は一部のみ減額する程度です。また、債権者が任意整理に応じるとは限らず、話し合いがまとまらなければ効力がありません。

任意整理にはメリットとデメリットがあるため、本当に任意整理を選択すべきか考える必要があります。債務整理にはほかにも自己破産や民事再生も選択できますから、今後の借金返済の可能性も想定しながら、リスクも考えて選択する必要があるのです。最適な債務整理を選択するための、弁護士への相談方法を紹介します。

Pocket